Varus the Arrow of Retribution

Varus

Attack
■■■■■■■
Defense
■■■
Difficulty
■■■■■■
Magic
■■■■
ロールMarksman, Mage
価格6300 [ip]975 [rp]最終更新v3.7
ステータスLv.1...Lv.18
Health467821861
Mana28636898
Armor14.83.472.6
M.Resist30
移動速度330
ステータスLv.1...Lv.18
HPreg5.050.5514.4
MPreg7.60.617.8
攻撃力49.53.2103.9
攻撃速度0.6582.65%0.954
射程575
スキル名効果

Varus
Varus
(Ranged)

Living Vengeance

Passive: 敵ユニットを倒すと3秒間攻撃速度が20%増加する。敵Championをキル/アシストした場合は効果時間が6秒、増加攻撃速度が40%に増加する。この効果はスタックしない。

Piercing Arrow

Active: 最初にスキルを使用すると狙いを付ける。この間は通常攻撃や他のスキルを使用できなくなり、Varusの移動速度が20%低下するが、狙いを付けている間は徐々にこのスキルのダメージと射程距離が増加していく(2秒で最大)。再度このスキルを使用することで指定方向に貫通する矢を放ち、当たった敵ユニットに物理DMを与える。ダメージは敵に当たるごとに15%減少する。最小で33%。狙いを付けて4秒間経過した場合はこのスキルは失敗しCDになるが、消費したマナの半分が回復する。

最小物理DM: 10/47/83/120/157 + [攻撃力 × 100%]

最大物理DM: 15/70/125/180/235 + [攻撃力 × 165%]

消費MN: 70/75/80/85/90 CD: 16/14/12/10/8s Range: 925-1475

Blighted Quiver

Passive: 通常攻撃に追加魔法DMと6秒間持続する疫病が付与される。疫病は3回までスタックする。疫病のスタックが付与されている敵ユニットにVarusの他のスキルが命中した場合、疫病のスタックを消費して対象の最大HPに比例した魔法DMを与える。

追加魔法DM: 10/14/18/22/26 (+0.25)

疫病魔法DM(1スタック毎): 対象の最大HPの2/2.75/3.5/4.25/5% (+0.02)%

(Minionに対しては360DMが上限)

Hail of Arrows

Active: 指定地点に矢の雨を放ち、範囲内の敵ユニットに物理DMを与える。指定地点は4秒間呪われ、範囲内の敵ユニットに継続的にスローとHP回復量-50%を与える。

物理DM: 65/100/135/170/205 + [増加攻撃力 × 60%] 効果範囲:

スロー: 25/30/35/40/45%

消費MN: 80 CD: 18/16/14/12/10s Range: 925

Chain of Corruption

Active: 指定方向に腐敗の蔓を投げつけ、当たった敵Championに魔法DMとSnare(2s)を与える。当たった敵Championの周囲に他の敵Championがいた場合は、その敵Championに腐敗が広がり2秒後に同様の魔法DMとSnareを与える。腐敗の効果範囲外まで逃げると腐敗は途切れる。

魔法DM: 150/250/350 (+1.0) 腐敗効果範囲: 550

消費MN: 100 CD: 120/105/90s Range: 1100

長距離AoEを多く持つRanged DPS
v3.7

目次

Champion Spotlight

考察

優秀な長射程AoEを多く持つRanged DPS
Mageのロールをもつが、通常のMageのような運用は出来ない

Pros
基礎射程が若干長く、スキル射程も優秀
条件付きを含めると、攻撃系スキルが全てAoE
条件付きだが対象のHP割合DMを持ち、回復阻害を持つことからtank系や回復系に強い
豊富なCC debuffを持つ

Cons
硬くない上にHPregがかなり低い
通常攻撃のモーションが少々独特
序盤はスキルのCDが長い
manaが低めだが消費manaが大きい
どのスキルも効果が発生するのにワンテンポの間があり、とっさの状況に弱い

スキル紹介

Varus_LivingVengeance.pngLiving Vengeance
ファームとタワー攻撃が加速する。
集団戦では相手よりも先にキルを取ることで超加速できる。
Varus_PiercingArrow.pngPiercing Arrow
Varusの看板とも言えるスキル。
最大チャージ時の高いADレシオのため、終盤まで腐らずに強力なPokeスキルとなる。

最大までチャージしても即座に解除されることはなく、余裕があるので焦って暴発しないこと。
尚、自身にかかるスローはクレンズ等で解除や無効化をする事は出来ないが、bootsofswiftnessとDefマスタリーのSwiftnessで低減できる。
Varus_BlightedQuiver.pngBlighted Quiver
このパッシブを敵にスタックしてスキルを当てることでダメージソースになる。
通常攻撃に追加魔法ダメージがつくので序盤のCS精度を助けてくれるかもしれない。
スタックは1つずつ消費ではなく、他のスキルを当てた時点で溜まっていたすべてのスタックが消費されて魔法DMを与える。
Varus_HailofArrows.pngHail of Arrows
発射してから着弾までわずかにラグがある。
そこそこの威力のうえ、AoEスローと回復低減効果をもつ。
Varus_ChainofCorruption.pngChain of Corruption
射程・弾速ともにそこそこあるが、幅が狭いのでよく狙って使おう。
Snareの伝染のしかたはかなり特殊。うまく敵が密集しているタイミングで打ち込もう。
味方のAoEスタン等に合わせると効果的。伝染は範囲600以上離れると途切れる。また、伝染源の敵Championが死亡しても伝染は続行される。

ビルド例

セリフ

Upon Selection
"The guilty will know agony."
 罪人は苦痛を知る事になるだろう。

Attacking
"No forgiveness."
 許しなどない。
"They will know regret."
 彼らは後悔を知る事になるだろう。
"No turning back."
 戻る道は無い。
"Face oblivion."
 忘却と対面しろ。
"My arrows always find their marks."
 僕の矢は決して狙いを外さない。
"Deliver them to their end."
 彼らを終わりへと運ぼう。
"Pity those who cross me."
 僕の前を横切るものたちに憐れみを。

Movement
"Beware a man with nothing to lose."
 失う物の無い男に気をつけろ。
"I do what I must."
 僕は自分がやらねばならない事をする。
"My purpose is clear."
 僕の目的は明確だ。
"My work is not done."
 僕の仕事は終わっていない。
"I'm on borrowed time."
 僕は借りものの時間を生きているんだ。
"Give me a target."
 僕に的をくれよ。
"I am forsaken."
 僕は見放された。
"Bloodshed carries a price."
 殺戮には価値がある。
 #Kill時のGold取得及びPassiveによるAS増加とストーリーをかけていると思われる。
"Only cowards flee their fate."
 運命から逃げるのは臆病者だけさ。
"There is no salvation."
 救済は無い。

Joke
"You'd like some real amusement? Come closer."
 ちょっと君、とても楽しいことをしたくないかい?近くにおいでよ。
"When you dance with death, lead."
 死と踊るんだったら、リードしなよ。

Taunt
"Pain is my gift to you."
 痛みは僕からお前への贈り物だ。
'"The cost of your life is one arrow."
 お前の命の対価は一本の矢だ。

小ネタ

  • このチャンピオン以前は実装時にスキンが同時に2つリリースされていたのだが、Varusからは1つのスキンしか同時リリースされていない。

ストーリー

For his incomparable skill with the bow and his unquestioned sense of honor, Varus was chosen to be the warden of a sacred Ionian temple. The temple was built to contain an ancient pit of corruption so vile that Ionian Elders feared it could envelop the island in darkness. Varus prided himself on his position, as only the most exceptional Ionian warriors were selected for the role. He lived with his family in a nearby village and led a quiet life of disciplined routine until the day the forces of Noxus invaded Ionia. Their shock troops left nothing but death and desolation in their wake, and the temple lay in their path. Varus was forced to make a decision. He was bound by honor to stay and defend the temple, but without him the village's few inhabitants could offer little resistance against the oncoming war machine. Gravely, he chose to fulfill his duty as a warden. The corruption could not be allowed to escape.

その比肩する者無き弓の腕前と疑う余地の無い名誉を尊ぶ心により、Varusは神聖なIoniaの神殿の監守として選ばれた。その神殿は、島を暗闇の中に飲み込むのではないかとIoniaのElder(長老)達が恐れるほど不浄な、古代の腐敗の穴を封じ込めるために建てられていた。Varusは彼自身の地位を誇っていた、それはIoniaの戦士達の中で最も抜きん出た者のみがその役割に選ばれるからであった。Noxusの軍勢がIoniaに侵攻したその日まで、彼は付近の村に自分の家族と共に暮らし、自制の効いた繰り返しである静かな生活を営んでいた。彼らの突撃隊はその跡に死と荒廃以外の何物も残さず、そして神殿は彼らの通り道の上にあったのだ。Varusは決断をする事を強いられた。彼は名誉のために神殿に留まって防衛しなければならなかったが、しかし彼無しで村の少ない住人が来るべき戦争機械に対して提供できるのは、あるかないかの抵抗のみである。陰鬱に、彼は監守としての自分の義務を果たす事を選んだ。腐敗が逃げる事は許され得ないのだ。

His arrows sundered the troops who tried to wrest the temple from him that day. However, when he returned to his village, he found that it had been reduced to a smoldering graveyard. Remorse at the sight of his slain family gave way to overwhelming regret and then to seething hatred. He swore to slaughter every Noxian invader, but first he needed to become stronger. He turned to that which he had sacrificed everything to protect. The pit of corruption would consume him wholly, as a flame devours a wick, but its abominable power would burn within him until he was lost. This was a path from which there could be no return. With grim resolve, he condemned himself to the black flames, feeling malevolent energy bond to his skin... and with it, the promise of ruin. He left, seeking the blood of all Noxians involved with the invasion, a grisly task that eventually led him to the invasion's most infamous perpetrators in the League of Legends.

その日、彼の矢は神殿を彼からもぎ取ろうと試みた小隊達を引き裂いた。しかしながら、彼が村に帰還した時、彼はそこがくすぶる共同墓地へとなってしまった事を知った。殺害された家族の姿を見た時の呵責は、圧倒的な後悔、そして逆巻く憎悪へと道を譲った。彼はNoxusの侵略者全てを殺戮する事を誓ったが、しかしまず、彼にはより強くなる必要があった。守るために自分の全てを犠牲にしたものへと彼は向かった。炎が灯心を食らうように、腐敗の穴は彼をまったく飲み込んでしまうだろうが、しかしその忌むべき力は彼が滅びるまで彼の中で燃えるはずである。これは戻る道のありえない道であった。悪意に満ちたエネルギーがその肌に結び付けられ…そしてそれと共に、破壊の期待を感じながら、陰惨な決心を持って、彼は黒い炎へと自身を破滅させた。侵攻に携わった全てのNoxus人の血、そして、ついにはLeague of Legends内部の侵攻における最も悪名高い加害者達へと彼を導く事となるおぞましい使命を求め、彼は去った。

"The life of an arrow is fleeting, built of nothing but direction and intent." - VarusVarus
 「矢の命とは飛び去る事だ、向かう方向と意図以外の何からも作られてはいない。」 - VarusVarus

Leagueによる審判

展開する

Candidate: Varus
Date: 7 March, 22 CLE

志望者:Varus
日付:CL暦22年 3月7日

OBSERVATION

観察

He absorbs his bow, lest he be tempted to use it in the Institute Of War; it slithers into his palm to rest. The polish of the chamber is immaculate, so that in its ornamental shields and blades his form can be seen reflected; "his" form, though he can never recognize it as his own. His arms disappear into black gauntlets of a liquid that can’t entirely decide on a shape; brackish muck creeps from his toes nearly to his navel, scabbing over into plates.

the Institute Of War(League of Legendsの本部)で使う気にさせられないように、彼は自分の弓を吸収する。休むため、それは彼の掌に滑り入る。部屋の光沢にはしみの一つも無く、彼の様相が装飾品の盾や剣に反射されているのを見る事が出来る。「彼の」様相ではあるが、しかしながら、彼にはそれが彼自身の物であると認識する事は決して出来ない。完全には形を判別出来ない、液体で出来た黒い一対のガントレットの中に彼の両腕は消えている。不快な汚泥が彼の足先からほぼへその辺りまでを這い、板状のかさぶたとなっている。

What might seem purely black is, upon closer inspection, almost infinitely complex in color; it travels his surface like an oil. Varus wonders if it might have claimed more since yesterday, lapping as it does at what pure flesh remains. He decides that he is, on the whole, satisfied with their arrangement - even if mirrors show him a creature like this.

純粋な黒と見えるかもしれないものは、近くでよく見れば、色がほぼ無限に絡み合っている。それが彼の表面を油のように伝っている。Varusはそれが昨日よりさらに多くの場所を我が物としているのかもしれないと思い、実際それは純粋な肉が残っている場所で音を立てている。鏡は彼にこのような生き物を見せるものの、自分が彼らの手はずに、大体の所は、満足しているのだと彼は決め付ける。

I am not broken, he tells himself. Not broken. I simply have a different shape.

僕は壊れていない、彼はひとりごちる。壊れていない。僕はただ単に違った形を持っているだけだ。

REFLECTION
反射

Teaching is learning.

教える事は学ぶことだ。

Showing Theshan where to hold the bow, how to draw, and how to remember his breath gave Varus a better understanding of these things himself. His son would need to know these things for himself; his father had been anointed Temple Guardian, after all. He wouldn't always be there.

どこに弓を構えるか、どうやって引くか、そしてどうやって自分の息つぎを覚えておくかをTheshanに見せる事は、Varusにそれらの物事のより良い理解を与えた。彼の息子は自分のためにこれらの物事を知っておく必要が出てくるだろう。何にせよ、彼の父親はTemple Guardian(神殿守護)として塗油されたのだ。彼がそこにいつもいるというわけにはいかないだろう。

Varus wasn't there now, strictly speaking; none of this was real, and his clever eyes knew it.

厳密に言えば、Varusは現在そこにはいなかった。これのいかなる所も現実ではなく、そして彼の賢い両目はそれを知っていたのだ。

This was some game Summoners played to amuse themselves with aspirants to the League. But here was his son, blessedly alive. He tousled the boy's warm hair. Varus knew what was coming, and he took such blessings where he could. The two of them looked up the hill, up, until they saw the Temple itself.

これはSummoner達がLeagueへの志望者と共に自らを楽しませる一種のゲームなのだ。しかしここに、幸いにも生きたまま、彼の息子がいた。彼はこの男の子の暖かい髪をくしゃくしゃにした。Varusは何が来るのかを知っており、そして彼は自分のできる範囲でかかる祝福を受けとった。Temple自体が見えるまで、その二人は丘を見上げた。

It was older than the village, much older. A statement from a bygone era of plenty, there was no pragmatism in its construction.

それは村よりも古く、遥かに古いものだった。過ぎ去りし満ちた時代からの声明であり、その建設には実用主義というものは全く無い。

"A Pit of Pallas," said the son who was not his son. "There is a Pit of Pallas there."

「Pit of Pallas(Pallasの穴)、」彼の息子では無いその息子が言った。「Pit of Pallasがあそこにあるよ。」

"I did not know it at the time, but yes," replied Varus.

「その時は知らなかったけど、でもそうだね。」Varusは応じた。

"They left a single man in its defense?"

「彼らはその守護に男一人を置いただけなの?」

"They did."

「そうだよ。」

Much surprised him about his new role. The old prayers he'd said every day since he was a boy, it seemed, were missing a few grave syllables; the Elders had been holding out.

その新たな役割の多くが彼を大変驚かした。彼が男の子だった時から毎日唱えてきていた古いお祈りの文句は、どうやら、いくつかの深刻な音節を欠いていたようだった。Elder(長老)達はだんまりを決め込み続けていたのだ。

Tattoos of the clever Owl, applied to the face, chest, and arms had altered his perception; this too was surprising. Then, there was The Pit. Round, and just five feet across, it was hard to imagine that this featureless disc could be the source of so much concern.

顔、胸、そして両腕に施された賢いOwl(フクロウ)のタトゥーが彼の知覚を変更した。これもまた驚くべきものだった。そして、そこにPitがあった。円形で、直径はたった5フィート(約1メートル50センチ)、この面白くも無い円盤がそれほどまでの憂慮の源になりうるとは思いにくかった。

He was most surprised, perhaps, when - on his first night's vigil - it began to speak.

彼が最も驚いた時は、おそらくは、それが話し始めた時である彼の最初の寝ずの番の夜であった。

Not with words, no - words would have been much easier to deflect. It spoke in moments, mostly: images, sensations. It knew of people, it could taste them on the air. It knew that they had a hive at the base of its hill, where they writhed in their nonsense bodies. Varus could sense its confusion, and something like hurt; the isolation of the temple had accrued in it. It wanted to show him something he would like. It wanted to make something for him. Its urge was to please.

言葉では無かった、違う。言葉ならばそらす事はもっと易しかっただろう。大抵の場合は、それは一瞬一瞬の内に語った。映像や、感覚だ。それは人々の事を知っており、それは大気の中に彼らを味わう事ができた。彼らがその意味無き肉体でもだえる場所である巣をこの丘のふもとに作った事を、それは知っていた。Varusはそれの困惑そして痛みのような物を感じる事が出来た。templeの孤独がそれの中に入り込んでいた。それは彼が好きそうな物を彼に見せたいと欲していた。それは彼のために何かを作りたいと欲していた。それの要求は喜ばせたいということだった。

This was not the "implacable beast" he had been sworn to contain.

これは彼が阻止する事を誓っていた「なだめ得ない獣」では無かった。

Once, as Varus entered the sanctum to perform the morning's Rite of Sealing, he was made to see himself, surrounded by others of his village, standing with a young man's vigor while those around him withered like crops, their skins falling off like sacks. He could sense that it seemed somehow pleased with itself.

ある時、Varusが朝のRite of Sealing(封印の儀式)を行うために聖所に入ると、彼は、皮膚が大きな袋のように垂れて落ち、枯れた作物のように萎びている自分の村の人々に囲まれた、少年の活力を持って立つ自分自身を見る事を強いられた。それが何はともあれ自らに喜んでいる事を彼は感じ取る事が出来た。

"Now?" it offered, confident in the reply.

「今?」それは返事に確信を持ちながら申し出た。

"No," replied Varus.

「だめだ、」Varusは答えた。

When it spoke next, he ceased to exist in the present altogether. Instead he waded through ankle-high blood, the ripples he made growing and rising until they roared and crashed. He heard a voice, then, or the idea of a voice, which said, pleadingly, "Now?"

それが次に話した時、彼は共に現在に存在しなくなった。その代わりに彼はくるぶしまで浸る血の中を歩んでおり、そして彼の作った波紋は大きくなり立ち上ると吠えて砕けていた。そして彼は、訴えかけるように、「今?」と言う声、あるいは声の概念を聞いた。

The bite of the incense, with its teeth of rosemary and oak, cut through the vision. He fell back on the palms of his hands, turning and scrambling to load the brazier. It tipped on its copper chain, spilling and searing his hands.

ローズマリーと樫の歯による香の噛み付きが、光景を切り裂いた。彼はたじろぎ腰を抜かして手のひらを地に着き、身を翻すと必死に真鍮細工に燃料を注ぎ込もうとした。その銅製の鎖にそれは垂れ、こぼれて彼の両手を灼いた。

"NOW?"

「イマ?」

It crashed against his mind, but the Owl asserted itself. It gave him will enough to pull himself along the mazelike walls to the doorway, where he could see the village burning; again, he had to see it all again.

それは彼の精神にぶつかってきたが、しかしOwlがでしゃばってきた。それは彼に、出口の扉への迷路状の壁をたどって逃げ出すのに十分な意思を与え、そこで彼は村が燃えているのを見る事が出来た。今一度、彼は今一度全てを見る必要があった。

He ran, though he didn’t entirely know why; there was a part of him that thought if he took this path, slid down this face instead of that, maybe it would be different. Perhaps he would not find his broken wife alongside his broken boy alongside his broken bow; perhaps he would not pick up that bow and bring it back to the Temple.

彼は、なぜなのかを完全には知らないままであったが、駆けた。もし彼がこの道を取り、あの斜面ではなくこの斜面を滑り降りていたならば、物事は違っていたのではないかと思っている、彼の一部分があった。おそらく彼は壊れた自分の弓のそばの壊れた自分の男の子のそばの壊れた自分の妻を見つける事は無かっただろう。おそらく彼はその弓を拾いTempleに持って帰る事は無かっただろう。

He was wrong.

彼は間違っていた。

He was given a vision then of a thousand, thousand dead. It was a wedge pounded through his ribs and into his heart. He fell to his knees.

そして彼は千に何千も掛けた数の死人達の光景を与えられた。それは彼の肋骨を貫き心臓に叩きつけられるクサビであった。彼は膝をついた。

"Now?" It was almost a whisper.

「今?」それはほとんど囁きであった。

"Now," Varus whispered back. "Now, **** you."

「ああ、」Varusは囁き返した。「今だ、この****。」

And when he did so it broke a dam deep in the earth, so that the placid disc of the pool reached up from its heart and splashed out, leaving jags of hot black glass standing wherever it touched. It was flowing through the air, around the curling smoke until it struck Varus off his feet. It peeled his hand, digesting it, consuming the bow. It ate both arms, and both legs, stopping out of... respect, if respect it may be called, for the Owl; it would not surpass the markings. In a moment of detached madness, Varus wondered how long that would last.

そして彼がそうした時、それは地の底深くにあった堤防を壊し、そしてそれの中心部から液溜りの静まった円盤が上に飛んで噴出し、それが触れたいかなる場所にも熱く黒いガラスの鋸歯を残した。それは空を貫いて流れ、渦巻く煙を回り込み、Varusを打って彼の足を地から離した。それは彼の手の皮を剥ぎ、それを消化し、弓を飲み込んだ。それは両腕、そして両脚を食い、Owlに向けての…敬意、もしそれが敬意と呼べるならばだが、それを留守にした。それはもう印である事を超えないだろう。切り離された狂気の瞬間の中、Varusはそれがいつまで続くのかを思った。

The Reflection wavered, and a summoner panted with exertion; the images wrested themselves from their bindings, careening through a nightmarish series of scenes with an animal immediacy. The room solidified, rendered overbright by the alien senses which collected the last few years of Varus’ grim past:

Reflection(反射)は揺らぎ、そしてサモナーは尽力に息を切らせた。映像は彼らの束縛から自らをもぎ取り、動物的な即時性で悪夢のような光景の数々の中を疾走した。部屋は凝固し、Varusの陰鬱な過去からこの数年を集めてきた異質な感覚によって、鮮やかにすぎる表現をした。

Only the tips of each of his toes touched the ground; Varus knew the force couldn't be far. When he overtook them, the cart at the head of the column had the wisdom to encourage its horses. Those without wisdom, or those cursed by circumstance, began to die with terrible speed.

彼の両足のほんのつま先のみが地面に触れていた。Varusは軍隊が遠くに居得ない事を知っていた。彼が彼らに追いついた時、縦隊の先頭にいた荷馬車はその馬を急き立てる知恵を持っていた。知恵を持っていなかった者達、あるいは状況に呪われた者達は、恐ろしい速度で死に始めた。

As Varus slowed, an apparatus with a bow's purpose, if not its shape, leapt to life for the first time at his wrist. He needed not be instructed in its use; a man was instantly pierced, burst like a wineskin. This proved a true inspiration to his fellows, who found within themselves a speed they never knew possible; though even at this speed, they were still beings of flesh and blood. Insufficient.

Varusが速度を緩めると、弓の形はしていないにしても、その目的を持った器官が彼の手首で初めて跳ね起きた。彼はその使用に際して手ほどきを受ける必要が無かった。一人の男が即座に貫かれ、ワイン入りの皮袋のように破裂した。この光景は、全くもって可能であると知らなかった速度の中に彼ら自身を見出した彼の仲間達に、真実である直観の証明をした。この速度の中でさえ、彼らは未だに肉と血で出来た存在なのだ。不十分な。

Though what it fired wasn’t an arrow, it behaved as one; it ruined as one, travelled through the Noxian insignia, out of one gasping soldier and into another, exploding with six thirsting tongues that gripped and snared. With every death Varus shot faster, until by the end there was no sense that each shot was discrete. The Prey simply ran until it fell. It was elegant horror.

それが発射したものは矢では無かったが、それはそのような振る舞いを行った。矢のように、それは破壊をし、Noxusの紋章を突き抜けて飛び、息を飲んだ兵士一体から出てもう一体に入り込み、握りこみ捕らえていた六つの渇いた舌と共に破裂した。死の度にVarusはより早く撃ち、しまいにはそれぞれの一発が別々であるという感覚は無かった。餌食達はただ単に倒れるまで走るのみだった。それは優雅な恐怖だった。

Time passed quickly. There were more hunts, and more blood; mercies were promised, but withheld. Darkness swirled with the scent of wet leaves, oddly sweet, the broken bodies of men and women rendered wholly abstract in the course of their annihilation. Varus knelt over a sundered cart to seize a communique, pierced through by one of his sharp tendrils; it revealed the names of yet a few more Noxian dogs, responsible for issuing the order...

時間は素早く過ぎた。さらに多くの狩りがあり、そしてより多くの流血があった。慈悲は約束されたが、しかし保留された。暗闇が、奇妙に甘い、湿った葉の匂いと共に渦を巻き、男達そして女達の壊れた死体は彼らの根絶の過程において全くの抽象物に作り変えられた。彼の鋭いつるの一つで貫き通された一つの声明文を掴むため、Varusは引き裂かれた荷馬車の上に膝をついて屈みこんだ。それは、かの指令を下した事に責任のある、さらなる何名かのNoxusの犬達の名前を明らかにした…

The ****ing order. What they took from him he would repay a thousand-fold.

かの****な指令だ。彼は、彼らが彼から取り去ったものを千倍にして返礼しようとしている。

A summoner stepped forward, her mask of judgment impassive, her presence sweeping away the last threads of the vision. "Your purpose here is clear. You have discerned that among our Champions there exist Noxian agents. This, all of this," she waved her hand, "is the prosecution of some vendetta."

一人のサモナーが前に一歩出た、彼女の審判の仮面は無表情で、彼女の現存が光景の最後の束を拭い去った。「あなたのここでの目的は明らかです。我々のChampion達の中にNoxusのエージェントが存在している事をあなたは認識しています。これ、これの全てが、」彼女はその手を振った、「幾許かの報復の遂行なのです。」

"You understand, of course, that your vengeance is not the purpose of this League?" she said, eyes narrowed.

「もちろん、あなたの復讐がこのLeagueの目的では無いと、あなたは理解してますね?」目を狭めて、彼女は言った。

"By now, you surely realize," said Varus, or the amalgam which stood before them cloaked in Varus, its tongue swollen and black.

「今となっては、あなたは確実に気づいているだろう、」Varus、あるいは、Varusの姿をまとって彼らの前に立っている融合物は言った、その舌は腫れ上がり黒かった。

"It is the only purpose I have left."

「それは僕が残した唯一の目的だ。」

変更履歴

  • vX.XX:
    • XXXXXXXXXX
      XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照 <<過去ログはこちら>>

スポンサードリンク
  • ARAM最強Champ -- 2013-12-31 (火) 02:42:03 <1892786293>
  • 相手にKassのようなBlink持ちがいる場合どう立ち回ればいいのかな? -- 2013-12-31 (火) 18:20:28 <2002762439>
  • Blink見てからQで良いでしょ。受動的になるけど、相手もいつかは使うわけだし、Eでけん制すればスローもあいまってBlink使うんじゃね?その後Q溜め -- 2014-01-05 (日) 00:55:26 <3022294287>
  • ねぇ、台詞の訳の一人称が 僕 で大爆笑してしまったんだが...... -- 2014-01-07 (火) 10:28:56 <1093731000>
  • 子持ちだし「僕」はちょっと違和感あるな -- 2014-01-07 (火) 11:18:52 <2082703412>
  • ストーリー考えるとちょっと余裕がありすぎるというかやや温かみがありすぎる来はするけども、これはこれで結構ハマってると思うけどなぁ -- 2014-01-07 (火) 11:48:28 <3069834789>
  • まぁ私のほうがいいのかなぁとも思うけど、僕も見てる限りはアリなんだよなぁ -- 2014-01-07 (火) 14:58:54 <2078313543>
  • 子持ちの年齢ってのを考えると「僕」と比較したら「俺」のほうがしっくりくるとおもう -- 2014-01-13 (月) 12:34:46 <2114435772>
  • 声質、背景設定的にも「俺」ないし私がシックリ来ると思う。僕じゃあんまり悲壮感無いっていうかキザっぽいっていうか -- 2014-01-25 (土) 07:53:33 <1923351567>
  • 「私」とか「俺」の方が無難だけど、「僕」にも何か捨てがたい味があるような… ほのかに知的な反面、追い詰められるととんでもない事しでかしたりしそうな感じというか -- 2014-02-14 (金) 23:24:51 <3672451825>
    • その意見、なんとなく共感。 -- 2014-02-23 (日) 16:16:47 <3021107145>
    • 個人的にはストーリーみてると平和なとき→僕 復讐の決意→俺に変化してそうだなと妄想 -- 2014-03-30 (日) 15:51:33 <2100739757>
  • asheにも新スキン来たしheartseeker varusくるで -- 2014-01-31 (金) 16:43:52 <2084759088>
  • heartseeker varusとか来たら買うわ -- 2014-02-15 (土) 00:46:25 <1987016630>
  • 第二のTaricは勘弁しちくり〜、まぁあっちはただのアメジストであの言われようだが -- 2014-03-12 (水) 21:38:31 <3022553941>
  • ムンドに強いので俺の中で再評価 -- 2014-02-06 (木) 08:17:55 <1385287862>
  • ホームガードもった敵3人にまとめてQERで返り討ち気持ちよすぎわろた -- 2014-02-10 (月) 10:30:56 <2577623319>
  • kog'mawが対面にいると勝てないんだけど・・・どう立ち回ればいいの? -- 2014-02-13 (木) 00:49:13 <2115964309>
  • 内容をご存知の方もいるかと思われますが、Leagueによる審判を訳して載せました。 モテる男はつらいねー -- 2014-02-14 (金) 23:14:51 <3672451825>
  • あと、ついでにセリフの訳のいくつかとストーリーの訳をコメントアウトし、新しく訳したものを載せてみました。ストーリーと審判の詳細がちょっと違うのは訳のせいではないはず… -- 2014-02-14 (金) 23:26:46 <3672451825>
  • サポする身としては、QのCD考えて仕掛けるようにしてるけど、頻繁にハラスでQ使われると仕掛けるタイミングが合わない…で、もごもごしてると、「仕掛けろよ、引っ張れよ」って……Qがdownしてても仕掛けるべき? -- 2014-02-18 (火) 10:46:38 <2114261858>
  • 仕掛けて戦闘になったときはQなんかタメてる暇ないし追い討ちに使ってくれればいいから別に問題ないんじゃね -- 2014-02-18 (火) 12:19:01 <1009581441>
  • キルが取れなくても相手返すだけで十分だから気にせず仕掛けていいんじゃない?仕掛けてくれないからQ使って自分だけでハラスしようとしてるのかもしれないし -- 2014-03-01 (土) 01:05:49 <1987016630>
  • 仕掛けて勝てると思うときはCD待たなくていいけど、返り討ちに合いそうなときはCD待ったほうが無難だね -- 2014-03-07 (金) 12:23:27 <3535938253>
  • Qとultがかっこいい -- 2014-03-01 (土) 09:32:07 <1981088529>
  • モーションかっこいいけどクリーチャーぽいのがなんか好みではなくて残念・・・>< -- 2014-03-02 (日) 00:24:34 <1987016630>
  • 新スキンのアートワーク公開されたけど、やっぱ顔がアイアンマンなのはちょっと・・・ -- 2014-03-07 (金) 08:02:51 <1980216001>
  • このスキン、何かモチーフとかあるのかな?アメコミヒーローにいそうな感じだよね -- 2014-03-07 (金) 12:24:23 <3535938253>
    • アートワークがメタルギアっぽいと思った(KONAMI感) -- 2014-03-07 (金) 12:27:28 <2082730916>
  • Jokeが変質者やないか -- 2014-03-04 (火) 06:09:25 <1905754865>
  • え、そんなに変なところある? -- 2014-03-07 (金) 13:50:42 <2118016108>
    • どう見ても風俗の勧誘ですわ -- 2014-03-14 (金) 11:27:28 <828547944>
  • sup annieにハラスが捗るな -- 2014-03-16 (日) 20:15:22 <2082195321>
  • 何も考えずにジョーク言ったらTaricが笑いながら密着してきたことがある。Jannaたんとか可愛い女の子に言わないとダメだね -- 2014-03-17 (月) 16:03:55 <1987016630>
  • 新スキンいつから買えるのかな? -- 2014-03-19 (水) 15:23:37 <1011333618>
  • もうかえるようなったで -- 2014-03-21 (金) 08:15:46 <2110017229>
  • 新スキン来たし使ってみようとビルドサイトみたらQ上げばっか見るんだけどE上げって廃れたの? -- 2014-03-21 (金) 08:20:13 <1036900034>
  • Eは流行ってた時期と比べるとnerfされたらしい。 -- 2014-03-21 (金) 08:31:36 <2118016108>
  • どうみてもグレイフォックスだよな -- 2014-03-21 (金) 23:30:38 <2110415001>
  • 追い込まれた狐はジャッカルより凶暴だ(0/6/0) -- 2014-03-23 (日) 22:50:36 <2130527029>
  • 相手はもうジャッカルを越えた何かになってるけどな…… -- 2014-03-23 (日) 23:24:25 <2119246049>
  • スキンはどれも恵まれてるのにほとんど見ないよなぁ -- 2014-03-24 (月) 06:57:13 <2036851977>
  • だってほかのと比べると劣ってるもん -- 2014-03-25 (火) 04:51:26 <2114666770>
  • ARAMで3回使ったKDA平均が20近くになってた。活躍の場所はここだけか… -- 2014-03-24 (月) 07:48:45 <3693106919>
  • 山猫は獲物を逃さない(12/13/0) -- 2014-03-25 (火) 05:04:08 <2078298675>
  • ラピットなんたら強すぎィ -- 2014-04-02 (水) 15:00:21 <2121485332>

コメント欄は投稿時の注意事項を守ってご利用ください。

階層があるコメントは「左クリック」で全コメントの表示・非表示を切り替えられ、「右クリック」で対象コメントの表示・非表示を切り替えられます。



スポンサードリンク